製品・サポート

病理検査システム

組織診、細胞診、剖検を対象として、病理画像のデジタルファイリングを実現するシステムです。
システムに取り組んだ高精細画像は、経年劣化することなく半永久的に保存できます。また、検索表示や時系列表示、編集が可能になり、検査受付から報告書作成、各種統計表の出力まで、一連の業務をトータルで支援します。

運用を考慮したシステム構成

これまで全国100以上の施設様への導入実績から得られたノウハウとニーズを基に作られたシステム構成で、多様な病理検査フローに対応します。

画像取り込みと切り出し図描画機能

あらゆる種類の画像の取り込みが可能です。全ての画像を標本番号と関連付けして、一元管理します。
また、キャリブレーションや電子定規などの切出し手法に合わせた多様な描画ツールで幅広い運用をサポートします。

※タブレットPCのご利用には、別途無線LAN環境等のインフラが必要です。

コミュニケーションツール「掲示板・お知らせ機能」

メインメニューのお知らせ機能にてチーム医療に欠かせない情報共有が可能です。検査結果が出るまでの間、作業進捗・注意点の引き継ぎなどコミュニケーション・情報共有の場として活用いただけます。

リスク軽減と省力化のための2次元バーコード運用

情報を二次元バーコードによる紐付・一元管理することが可能であり、カセットやスライドガラスにバーコード印字することでラベルの手書きや貼付作業の省略化に貢献します。また、画像・検体・画面のトリプルチェックによる検体取り違いのリスク軽減を実現します。

学会用の論文などの文書管理「ライブラリー管理機能」

希少例や学会論文用などの診断情報のライブラリー管理機能し、個人用・共通用の設定や専用のタグの作成によりカテゴライズ、詳細情報の入力や、画像・文書ファイル登録が可能で、検査結果の二次的利用に活用いただけます。

検査情報Webによる統合管理(オプション)

診療部門での情報提供サービス機能として、病理診断報告書や検査進捗情報の照会・参照に加え、参照済管理機能・説明済管理機能により診察漏れの防止やインフォームド・コンセントに貢献します。
(オプション:検査応報Webシステムが必要となります)